イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

金星太陽面通過観望会

名寄では朝方までの天気予報が見事に覆り、雲との戦いとなったものの、天候に恵まれ全ての過程を見ることが出来ました。

金星太陽面通過ustreamの映像はこちらから
金星太陽面通過を2分にまとめた映像はこちらから
写真はこちらから


観望会について

 部分月食の2日後。今度は金星が太陽の前を通過すると言う金星の「太陽面通過」という現象が起こります。あまりたいしたことがないようにも思えることですが、実は太陽の周りを回る、地球と金星の軌道の傾きから、めったに起こりません。
 今回は2004年以来8年ぶりですが、その前は1882年と122年ぶり(日本で見られたものとしては1874年以来130年ぶり)でしたし、今回の後は、なんと105年後の2117年12月11日となります。
 金星は地球とほぼ同じ大きさ。地球もこの時見られる金星のように、太陽の周りを回っているんだ、と言うことを実感できるのではないかと思います。

開催日時

開催場所

当日直接天文台においで下さい。参加費は無料です。

注意事項

  • ・会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • ・会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。

配信

インターネット配信はこちらから。


名寄市から見える太陽面通過の様子

(アストロアーツ・ステラナビゲーター Ver8にて作成)

前回2004年に見られたときの写真

    

 次に金星の太陽面通過が起こるのは105年後(2117年)の12月11日となります。なおその次は2255年6月9日です。(重要なことなので2度言いました)