プラネタリウム

トップページへ
もどる

投影の案内

投影時間

 プラネタリウム代金は観覧料に含まれています。(別途、お支払いいただく必要はありません。)

※ プラネタリウムは途中の入退場はできません。開始時間前にご入場ください。

 プラネタリウムは、一般投影スケジュールが1日に4回組まれています。1回の投影時間は45分前後を予定しています。
 ※土曜日・日曜日・祝日の14時00分からの回は投影時間は30分前後となります。

投影開始時間
14時00分から16時00分から18時00分から夏期 20時00分から
冬期 19時00分から

投影内容

星空の案内

 プラネタリウムでは、前半は職員による星空の案内をします。話す内容は時期や職員によってそれぞれ違います。

プログラム番組

 後半はプラネタリウムの半球状のドームスクリーンを生かした、天文や科学を題材とした番組をお送りしています。

火曜日から金曜日土曜日・日曜日・祝日
14時00分からROSETTA
~彗星の謎に迫る~
ナナとハチ
~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~
16時00分からOdyssey 果てしなく美しい宇宙
18時00分からROSETTA ~彗星の謎に迫る~
夏期
20時00分から
Odyssey 果てしなく美しい宇宙

番組紹介

Odysseyオデッセイ 果てしなく美しい宇宙

オデッセイ 果てしなく美しい宇宙ポスター
ストーリー

 人類は長い間、宇宙への探求を夢見てきました。それが現実となった現在、様々な宇宙船が地球 を飛び出し、探査機が太陽系の天体を調査しています。また高性能な天体望遠鏡を使い、遥か宇宙の彼方の姿まで観測することができるようになりました。
 宇宙は何もなく静かな世界と思われてきましたが、実は大変美しく、生と死が繰り返される活気 あふれる世界であることを人類は知ったのです。
 この作品では、人類が解き明かした宇宙の姿を、臨場感あふれる迫力の映像と音楽によって体感いただけます。 果てしなく美しい宇宙をどうぞお楽しみください。

作品情報

制作:合同会社アルタイル

日本語ナレーション:鈴村一也

 

ROSETTAロゼッタ~彗星の謎に迫る~

ROSETTA~彗星の謎に迫る~ポスター
ストーリー

 「ロゼッタ」とは、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機で、打ち上げからおよそ10年の歳月をかけて、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到達。これまでにないリアルな彗星の姿の映像撮影や、生命誕生に深くかかわる「グリシン」や「リン」の発見、着陸機「フィラエ」を降下させるなど、その活躍が広く知られています。ミッションは当初予定より延長され、2016年9月に無事に終了しました。
 番組では、彗星探査機「ロゼッタ」の話題を中心に、彗星の成り立ちや観測の歴史、NASAの彗星探査機「スターダスト」など、圧倒される高いCGクオリティを用いて紹介しています。

作品情報

制作:Fulldome Film Society

声の出演:鈴村一也

  

「ナナとハチ ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」

ナナとハチ ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~ポスター
ストーリー

むかしむかし、ある山里での出来事。
ゴンロクじいさんと、10歳の女の子、ナナのところへ宇宙からネコが落ちてきました。
ゴンロクはそのネコ、ハチとは数十年ぶりの再会とのこと。
ところがハチは、前に会ったときから歳をとっていないようにみえます。
いったいどういうことなのでしょう?
二人と1匹は仲良く暮らし始めますが、やがて悲しい別れの時がやってきます。
ちょっぴり切ない時間の不思議が織りなす昔ばなし。

 アインシュタインの相対性理論を織り込みながらも、作品は概ねお話=ストーリーで構成され、小さなお子さんから大人まで幅広く楽しめる作品です。

作品情報

制作:株式会社リブラ HAKONIWA PROJECT

声の出演:【ナレーション】柳沢三千代 【ゴンロク】池水通洋 【ナナ】佐藤朱