投影の案内

投影について

プラネタリウム代金は観覧料に含まれています。(別途、お支払いいただく必要はありません。)

プラネタリウムでは、前半は職員による星空の案内をします。話す内容は時期や職員によってそれぞれ違います。
後半はプラネタリウムの半球状のドームスクリーンを生かした、天文や科学を題材とした番組をお送りしています。

プラネタリウムは途中の入退場はできません。開始時間前にご入場ください。

投影スケジュール

プラネタリウム最終投投影時刻は、夏期(4月から10月)は20時00分から、冬期(11月から翌3月)は19時00分からとなります。

火曜日から金曜日のスケジュール

  • 14時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    イマジン・ザ・ムーン
    月への想い
  • 16時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    銀河の渚で
  • 18時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    イマジン・ザ・ムーン
    月への想い
  • 夏期 20時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    銀河の渚で

土曜日、日曜日、祝日のスケジュール

  • 14時00分から
    投影時間 約40分
    星空案内
    +
    見上げた空のその先に
  • 16時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    銀河の渚で
  • 18時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    イマジン・ザ・ムーン
    月への想い
  • 夏期 20時00分から
    投影時間 約45分
    星空案内
    +
    銀河の渚で

プログラム番組紹介

銀河の渚でポスター

銀河の渚で

ストーリー

私たちは、ずっと昔から「銀河の渚」で、星空をそして宇宙を眺めてきました。
長い年月をかけて、私たちは星空に横たわる光の帯「天の川」が何なのかという答えを求め続けてきました。
それはきらめく星の集まりであったこと、さらに宝石箱のような美しい世界であることを知ったのです。
この作品は、天の川の物語や探求の歴史、銀河系の誕生から遠い未来の姿、そして天の川にある美しい世界を、これまでにないダイナミックなドーム映像でお楽しみいただけます。
大いなる光の渦巻き「銀河の渚」で、ゆったりとお寛ぎください。

作品情報

脚本・編集・製作・著作:合同会社アルタイル

企画:高崎市少年科学館(オリジナル版)

声の出演:白鳥すみれ 周藤孝樹

IMAGINE THE MOONポスター

イマジン・ザ・ムーン 月への想い

ストーリー

あなたは最近月を見ていますか?
最後に、月を愛でたのはいつですか?
ほとんどの人に、月はあまり興味を持ってもらえません。
でも実は私たちにとって、月はただ空に浮かんでいるだけのものではなく、想像をかきたて、探検と科学を発展させてきた仲間なのです。
人々は月に対する好奇心を様々な形で膨らませてきました。
それはガリレオの月の観測や、空想作家の月の世界への冒険、そしてアポロ宇宙飛行士の月面着陸へと繋がっていきました。
さらに最新科学は、月の誕生の秘密を解き明かそうとしています。
今夜は、まったく新しい視点から、月に想いを巡らせてみることにしましょう。

作品情報

制作:アドラープラネタリウム(アメリカ・シカゴ)

日本語ナレーション:百瀬優子

見上げた空のその先にポスター

見上げた空のその先に

ストーリー

あの宇宙(そら)の向こうに・・・・
「外の世界って、どんなかな」
かわいいモグラの子は、ぼんやり考えました。
外の世界には、とても明るい時間と、暗い時間がある、というのですが・・・
ずっと暗い穴の中にいるモグラの子には、どういうことなのかよくわかりません・・・。
かつて私たち人間も、なぜ昼があり、なぜ夜があるのか、わかりませんでした。
わからないからこそ、一生懸命に想像しました。

作品情報

製作:見上げた空のその先に製作委員会

制作:田島秀樹事務所(有)

ナレーション:榊原忠美 平野さわ子