イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

部分日食観望会

観望会について

 今回の部分日食は、2016年3月9日以来約3年ぶりに日本全国で見ることができる部分日食です。

 この日食は皆既日食や金環日食に伴うものではありません。食分が最大になるのは北極圏に近い所で、日本では北に行くほど欠け方が大きくなります。

次回、日本で見られる日食は2019年12月26日の部分日食です。札幌では最大で26%程度欠けると予想されています。名寄では部分日食のまま、日の入りを迎えます。

部分日食についてや安全な見方など説明会を12月15日に行います。
詳しくは部分日食説明会のページをご覧ください。

日  時

・観望会時間中のみの開館となります。(プラネタリムの投影は行いません。)

場  所

当日直接天文台においで下さい。参加費は観覧料のみです。

注意事項

  • ・天候が悪い場合は中止となります。
  • ・防寒対策は念入りにして参加下さい。(名寄での1月の平均最低気温-15.8℃)
  • ・会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • ・会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。

太陽を望遠鏡や双眼鏡で見ることは絶対におやめください。失明のおそれがあります。

配信

観望会中、日食の映像をYoutubeLiveにて配信予定です。

名寄市からの部分日食の見え方

現象時刻

時刻高度
日の出07時03分
欠け始め08時48分13.0度
食の最大10時16分20.8度
欠け終り11時50分23.0度

10分ごとの部分日食経過の様子

部分日食現象中の10分ごとの経過の様子

AstroArts ステラナビゲーター10にて作成

20分ごとの太陽の位置

部分日食現象中の20分ごとの太陽の位置

AstroArts ステラナビゲーター10にて作成

[大きな画像で見る]