イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

部分月食観望会

観望会について

 名寄で見られる月食としては、2015年4月以来です。2015年4月の月食は、地球の影に月がすべて隠される「皆既月食」でした。 しかし、今回の月食は月の直径の約4分の1が地球の影に隠される「部分月食」です。「皆既月食」のように、月全体が赤銅色に見えることはありませんが、 満月の月が数時間のうちに欠けて、再び満月へもどる様子を見ることができます。今回の月食は午前2時23分から食が始まり、日の出(日の出:午前4時22分)の直前で食が終わります。

開催日時

※観望会の時間のみ臨時開館いたします。

開催場所

当日直接天文台においで下さい。参加費は観覧料のみです。

注意事項

  • ・天候が悪い場合は中止となります。
  • ・夜は肌寒いです。暖かい服装でお越しください。
  • ・会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • ・会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。

インターネット配信

0時30分から4時00分まで、部分月食の映像をYouTubeLiveにて配信予定です。

名寄市からの部分月食の見え方

現象時刻

時刻高度
食の始め02時23分17.896度
食の最大03時21分8.988度
食の終わり04時19分1.956度
月の入り04時36分0度

10分ごとの部分月食経過の様子

 2時00分から4時30までの経過の様子です。

部分月食現象中の10分ごとの経過の様子

AstroArts ステラナビゲーター10にて作成

30分ごとの月の位置

 2時00分から4時30まで30分毎の高度の様子です。

月の30分ごとの位置

AstroArts ステラナビゲーター10にて作成

次の日食

 次に名寄で見られる月食は、2018年1月31日の皆既月食です。夜中で、真冬の名寄という、非常に見るのが厳しい条件です。(欠け始め20時48分、皆既始め21時52分、皆既時間1時間17分)