イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

きたすばる星と音楽の集い 2017


星と音楽の集い2017ポスター

日  時

場  所

なよろ市立天文台

観 覧 料

終日無料

主  催

きたすばる 星と音楽の集い実行委員会

協  力

名寄自動車学校 なよろ天文サークル「天斗夢視」 Web-TV「きたすばるどっとこむ」 株式会社 エフエムなよろ

プログラム(予定)

予定は順次追加いたします。
※予定は変更になる場合もあります。

  • 天文台開館

オープニング
  • オープニング

  • 当たりクジつき パンまき

レクチャールームエリア
  • 子どもパン釣り 1回目

     先着40名まで 整理券を13時00分から本部にて配布します。

  • 輝く星座早見盤「GIGASTAR SKY」工作教室

    光る星座早見盤 GIGASTAR SKY

    【事前に申込が必要です】
     対象:小学4~6年生
     定員:10名
     製作時間:2時間程度
     参加費:¥500
     申込方法:天文台までお電話でお申込ください。定員になり次第締め切ります。

  • 子どもパン釣り 2回目

     先着40名まで 整理券を15時30分から本部にて配布します。

  • エフエムなよろ公開生放送

  • 理論物理学者 スプーン博士こと佐治晴夫さんの特別授業

    ピアノで語る宇宙のお話 「ビッグバンからあなたまで」
    1935年、東京生まれ。理学博士(理論物理学)。無からの宇宙創生にかかわる「ゆらぎ」の理論研究や太陽系・外惑 星探査機:ボイジャーに地球からETへのメッセージとしてバッハの音楽を搭載することを提案したことなどで知ら れる。東京大学物性研究所、ウィーン大学などを経て、現在、北海道・美宙(MISORA)天文台台長。 「宇宙はなぜ美しい」、「ダーク・ユニヴァース」、「お母さんのボイジャー図鑑」、「星の王子さま」、「89番目の星座」、 「430億光年のかなたへ」など、プラネタリウム番組の監修作品も多い。

    佐治晴夫さんの写真

    佐治晴夫さん
    (さじ はるお)

  • 講演ポスター
  • 音楽ライブ Sound Labo SKAY

     2010年から道北を中心に活動している、オールジャンルのアマチュアバンド。

    Sound Labo SKAYの写真

    Sound Labo SKAY

プラネタリウムエリア

 プラネタリウムエリアでのイベントは先着50名までとなります。30分前から天文台本部にて整理券を配布します。

 ※ 当日、通常のプラネタリウムの投影は行いません。

  • 星のえほん読み聞かせ 1回目

  • プラネタリウム番組特別投影 「MUSICA 宇宙はなぜ美しい?」1回目

  • プラネタリウム番組特別投影 「MUSICA 宇宙はなぜ美しい?」2回目

  • 星のえほん読み聞かせ 2回目

  • プラネタリウム番組特別投影 「MUSICA 宇宙はなぜ美しい?」3回目

プラネタリウム番組特別投影について

 佐治晴夫さんが監修したプラネタリウム番組を特別に投影します。講演会の前にぜひご覧ください。

MUSICA 宇宙はなぜ美しい?」
MUSICA 宇宙はなぜ美しい?ポスター
ストーリー

 森のせせらぎや可憐な花、夕暮れの空、満点の星…自然の美しさに心うばわれる少女。ふと、「なぜ自分は”美しい”と感じる心をもっているんだろう?」と考えます。
 そこにあらわれるピアニスト・ムジカ。  彼は、美しい音楽や自然の中に共通して潜むものが何であるか、優しく語りかけるのです。少女はそれを受け止めながらも、終わりなき問いを投げてゆきます。

「MUSICA」とは…
 「MUSICA(ムジカと呼びます)」という言葉は、そのつづりから想像できるようにMUSIC、音楽の語源です。古代ギリシャ時代、この宇宙や自然界はすべて美しく調和(ハルモニア)されていて、ギリシャ人は、その原理のことをMUSICAと呼んでいました。

作品情報

監督:上坂 浩光

制作:山梨県立博物館・有限会社ライブ

監修:佐治 晴夫  桜井 進

出演:Yoan F./北 大輔(声)  根岸 萌/能登 麻美子(声)

屋外エリア
  • アマチュア天文家の望遠鏡で星を見よう

屋上エリア
  • 自分のカメラやスマホで「月」の写真を撮影しよう

  • 夜間観望会

  • 自分のカメラやスマホで天体写真を撮影しよう