イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

月面X観望会

観望会について

 今年3度目の「月面X」を見ることができます。今回の月面Xは19時30分ごろが出現のピークとなりそうです。完全な「X」の形になるまでの間には、漢字の「火」にも見えることもありますので、形の変化も注目してください。

月面Xの変化の様子

月面Xとは?

 「月面X」は、月面でアルファベットの「X」のような形が輝いて見える現象です。これは、月の表面にある「ブランキヌス」、「ラカーユ」、「プールバッハ」という、3つのクレーターの外壁によってできた地形に、上弦の月の頃、特定の方向から太陽光が当たること出現します。なお、「月面X」は、上弦の月の頃になれば、かならず見られるわけではありません。
 「月面X」は、2004年にカナダ人のアマチュア天文家が、たまたま気づきカナダの天文雑誌やインターネットで報告したことで有名になりました。

2017年の「月面X」が出現する日時

  • 01月05日 16時30分前後 ※終了
  • 03月05日 19時30分前後 ※終了
  • 05月03日 19時30分前後 ←今回
  • 07月01日 18時30分前後
  • 08月29日 18時前後
  • 10月27日 20時30分前後
  • 12月26日 00時30分前後

※上記の時間は出現ピークです

開催日時

開催場所

当日直接天文台においで下さい。参加費は観覧料のみです。

インターネット配信

18時30分ごろからYouTubeLiveにて月面Xの様子を配信します。

注意事項

  • ・夜はまだまだ寒いです。暖かい服装で参加下さい。(名寄での5月の平均最低気温4℃)
  • ・会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • ・会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。