イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

七夕観望会

観望会について

 七夕にまつわる星や天の川を中心に夏の夜空を観望します。今年は上弦の月近辺の時期に当たりますので、望遠鏡で見て面白い月も一緒に楽しめます。
 本来の七夕は旧暦の7月7日ですが(今年は今の暦で8月2日)、この時の月は月齢6と決まっていて、半月よりもちょっとへこんだお月様となります。このお月様を織姫が彦星に会いにいく舟に見立てたりもします。
 今回の観望会中では7月4日が、月齢6となり(旧暦で伝統的七夕の一月前)、同じように舟に見立てることのできる月が見えます。

開催日時

開催場所

当日直接天文台においで下さい。参加費は観覧料のみです。

注意事項

  • ・夜は肌寒いです。暖かい服装で参加下さい。
  • ・会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • ・会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。

当日の名寄市から見える星空の様子

7月7日21時くらいに見られる夜空

7月7日21時ごろの星空

アストロアーツ ステラナビゲーター10にて作成



 さらに、7月7日は「クールアースデー」としてライトダウンが全国的に行われます。無駄な明かりを消して、夜空を見上げてみませんか?

 ライトダウン2014
 「ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。」