イベント案内

トップページへ
もどる

天文イベント情報

部分日食観望会

名寄では天候に恵まれ全ての過程を見ることが出来ました。

部分日食ustreamの映像はこちらから
部分日食を1分42秒にまとめた映像はこちらから
写真はこちらから


観望会について

 2012年5月21日。日本国内で見られるものとしては25年ぶりとなる金環日食が起こります。今回の金環日食は東京・大阪・名古屋といった大都市圏で見られるため、国内の7割の人々(約8000万人)が見られるという非常に恵まれ日食です。
 ですが、ここ名寄は残り3割のため、金環ではなく部分日食となります。それでも1981年7月以来となる食分80%をこえる欠け方をします。是非めったに見られないこの部分日食を見てみませんか?

開催日時

開催場所

当日直接天文台においで下さい。参加費は無料です。

注意事項

  • ・天候が悪い場合は中止となります。
  • ・会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • ・会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。
  • 太陽を望遠鏡や双眼鏡で見ることは絶対におやめください。失明のおそれがあります。

配信

観望会中、日食映像をUstreamにて配信予定です。


 名寄市内の小学校・中学校・高校へはアストロソーラーシートもしくは日食メガネを配布しました。通学中に見るのは避けて、学校にて安全にご覧ください。

当日、名寄市から見える部分日食の様子

  時刻 高度
日の出 3時55分
欠け始め 6時36分 26.2°
食の最大(約83%) 7時53分 39.9°
欠け終り 9時22分 66.6°

(アストロアーツ・ステラナビゲーター Ver8にて作成)


    

(アストロアーツ・ステラナビゲーター Ver8にて作成)


 次に日本で見られる部分日食が起こるのは4年後(2016年)の3月9日となります。
 また、日本で金環日食が再び見られるのは2030年6月1日、北海道で、となります。