プラネタリウム

トップページへ
もどる

投影の案内

設備のメンテナンスに伴う投影休止

プラネタリウム投影設備メンテナンスのため、以下の期間プラネタリウムの投影を行いません。ご了承ください。

期間 : 9月25日(水曜日)から9月27日(金曜日)を予定

投影時間

 プラネタリウム代金は観覧料に含まれています。(別途、お支払いいただく必要はありません。)

※ プラネタリウムは途中の入退場はできません。開始時間前にご入場ください。

 プラネタリウムは、一般投影スケジュールが1日に4回組まれています。1回の投影時間は45分前後を予定しています。

投影開始時間
14時00分から16時00分から 18時00分から夏期 20時00分から
冬期 19時00分から

投影内容

星空の案内

 プラネタリウムでは、前半は職員による星空の案内をします。話す内容は時期や職員によってそれぞれ違います。

プログラム番組

 後半はプラネタリウムの半球状のドームスクリーンを生かした、天文や科学を題材とした番組をお送りしています。

 8月3日(土曜日)から25日(日曜日)までは、毎日「土曜日・日曜日・祝日」のスケジュールで投影を行います。ご了承ください。

火曜日から金曜日土曜日・日曜日・祝日
14時00分からDYNAMIC EARTHぬすまれた月
16時00分から星の旅 世界編
18時00分からDYNAMIC EARTH
20時00分から星の旅 世界編

番組紹介

通常投影

「星の旅 世界編」

星の旅 世界編ポスター

©KAGAYA Studio

ストーリー

映像クリエイターKAGAYAが3年の歳月をかけて世界の星空を追い求めた映像作品。
旅をすると風景が変わるように、星空にもその土地の見え方があります。南十字や天の川、ウユニ塩湖に映る満天の星空など、世界の星空映像満載の作品です。観察緯度によって星空が変わる理由や、天の川の正体は何かなどをCGで探る旅も体験できます。

作品情報

撮影・CG・脚本:KAGAYA

ナレーション:安元 洋貴

音楽:manamik/清田 愛未


DYNAMIC EARTHダイナミック アース

DynamicEarthポスター
ストーリー

地球はなぜ今の地球のようになったのでしょうか。
隣の惑星、金星や火星と違い、水が液体で存在できるだけでこのようになったのでしょうか?
そこには、地球の大気、海洋、プレートテクトニクスそして生物の営みがありました。
本作品では、地球の歴史に大気と生物がどのようにかかわってきたのか、迫力ある全天CG映像でたどります。

作品情報

制作:ダイナミックアース制作委員会

日本語ナレーション:松田 健一郎


「ぬすまれた月」

ぬすまれた月ポスター
ストーリー

私たちにとって、とっても身近な月。月には不思議がたくさんあります。
世界中で見られる月の姿は一緒なのでしょうか?月の形もさまざまです。満月もあれば三日月もあります。
そんな不思議な月を自分だけの宝物にした男がいました。
ところが、その月が盗まれてしまったのです。宝物を盗んだどろぼうは大喜びで、月の入った箱を開けました。なんと箱の中は・・・。
月の不思議と魅力を、上質な音楽にのせてご紹介します。

作品情報

原作絵本:「ぬすまれた月」 和田誠

ナレーション:大竹しのぶ