天文イベント情報

星空講演会「夜光雲-空から考える私たちのよりよい未来-」

オンライン講演会に変更になりました

標記の講演会につきまして、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大状況から全てをオンラインで実施することになりました。講師側だけでなく、受講者側もネットで見る形になります。どうぞ、ご了承ください。配信は共催である「エフエムなよろ」さんの以下のYouTubeチャンネルでのものになります。申込等は不要です。文化センターでの対面形式での公演は行いませんのでご了承ください。時間等に変更はありません。(11月26日更新)
配信はこちらのページから

星空講演会について

今まで、高緯度でしか見られないとされていた高高度で発生する雲「夜光雲」。この夜光雲が近年、北海道で観測され始めました。特に今年は3日間にわたる観測など、今まであり得なかったことが起こっています。地球温暖化との関連も考えられていますが、一体何が起こっているのか。名寄にカメラを設置し、その研究に当たっている明治大学の鈴木秀彦准教授に伺います。(両方向オンラインとなりました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講演者が東京から講演するオンライン講演会になる可能性があります)

星空講演会ポスター

講演タイトル「夜光雲-空から考える私たちのよりよい未来-」

講師鈴木すずき 秀彦ひでひこ

【講師プロフィール】
鈴木 秀彦 (スズキ ヒデヒコ)
明治大学理工学部専任准教授
2010年に総合研究大学院大学極域科学専攻にて博士課程を修了(博士(理学))。その後、国立極地研究所研究員、立教大学助教を経て、2014年より明治大学理工学部物理学科に着任し、地球・惑星大気物理研究室を主宰。
光技術を用いたリモートセンシングにより地球および惑星大気物理の研究を行っている。
フィールド観測経験として2度の南極観測隊参加歴がある。

日時

場所

オンライン形式になったため会場では行いません。ご了承ください
名寄市民文化センター東館 視聴覚研修室
名寄市西13条南4丁目2番地

申し込み

参加費無料、事前申し込み必須 申込不要
こちらのフォームにてお申込みいただくか、天文台もしくはエフエムなよろ窓口でお申し込みください。(天文台・エフエムなよろ窓口での申込は開館時間中)

主催

なよろ市立天文台

共催

株式会社 エフエムなよろ

注意事項

  • 会場内ではマスクを必ず着用し、手洗いや手指の消毒を行ってください。
  • 発熱・咳・倦怠感のある方は来場をご遠慮ください。
  • 会場内の遊技等の利用は危険ですのでご遠慮願います。
  • 会場内の車等に関わるトラブルは、自己責任となります。