イベント案内

トップページへ
もどる

プラネタリウムイベント情報

プラネタリアン養成講座

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための措置として、予定していた下記イベントの開催を中止いたします。ご参加を予定されていたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。(2月26日)

開催について

 プラネタリウムを使って星空を解説できるようになることを目的としたプラネタリアン養成講座を開催します。 この講座は定員8名の申込制ですが、2月28日(金曜日)14時00分から17時00分開催の「天文学の基礎」についての座学は市民講座として、申し込み不要で一般のお客様もお聞きいただけます。

目的

 現在、日本国内には300館ものプラネタリウムがあり、日々宇宙や星空の話が行われています。 学校のプラネタリウムやモバイルプラネタリウムを含めるともっと多くのプラネタリウムがあります。
 そこで解説や関連する仕事に従事する人々をプラネタリアンと呼んでいます。 プラネタリウムでは日々星空の解説が行われていますが、プラネタリアンは単なる星空の案内人ではなく科学の伝道者でもあります。
 この講座では、基本的な星や星座についての知識をある程度持っていることを前提に、宇宙の知識・季節の星空を自ら親しみながら、その奥にある宇宙の神秘を、「他者に自らの言葉で語ることができるようになること」を最終的な目的とします。
 そのために、星空に親しむこと、天文学の基礎、現代の宇宙科学が明らかにした宇宙像などを、自分の中で深く理解し、機器の操作・話し方といった手段を学び、解説の実習を行います。

開催日時

開催場所

名寄市字日進157番地1 道立サンピラーパーク内 なよろ市立天文台

主催・協力

主催:なよろ市立天文台 
協力:きたすばるどっとこむ、株式会社リブラ、株式会社アストロアーツ

内容 (予定)

全日程参加が必須条件となります

2月28日(金曜日)

  • 開会式、自己紹介

  • プラネタリウムの使命と歴史

    プラネタリウムとは何か、現実の姿、業界の状況、世界の動向

  • 天文学の基礎1(自信をもって解説するために)【市民講座】

    太陽系の構造、宇宙の構造、その歴史的背景

  • 天文学の基礎2(自信をもって解説するために)【市民講座】

    星の動きと天文学の発展

  • 天文学の基礎3(自信をもって解説するために)【市民講座】

    天体写真-解説で用いる写真はどのように撮られたのか?

  • プラネタリウム(解説の要素)

    デジタル、アナログ、恒星(明るさ)、画像、全天動画

    音響(マイク、アンプ、スピーカー)、照明

  • 食事、自由時間

  • 天体観測実習

    星の探し方、望遠鏡の扱いかた、赤道儀の操作

  • 模擬投影

  • 終了

2月29日(土曜日)

  • 天文暦の読み方(自信をもって解説するために)

    投影案の作成、テーマ、対象、目的など

  • シナリオ作成

    構成、プロット、言い方の工夫など

  • 実技

    マイク、ポインター、日周、年周、緯度、歳差、画像、Script、全天スライド

  • 食事、休憩

  • 投影実技①

  • シナリオ修正

  • 修正案検討

  • 投影実技②

  • 食事、自由時間

  • 天体観測実習

    星の探し方、望遠鏡の扱いかた、赤道儀の操作

  • 終了

3月1日(日曜日)

  • 参加者全員による発表会(一人15分)

  • 講評、修了証授与

  • 食事、解散

食事と宿泊について

食事については、各自で対応をお願いいたします。
※昼食については希望者がいれば取りまとめます。

宿泊については、各自で対応をお願いいたします。
※名寄市内の宿泊施設からの送迎を希望する場合はいたします。

交通アクセス

なよろ市立天文台までのアクセスはこちらをご覧ください。

参加申込について

下記の申し込み書に必要事項を明記の上、なよろ市立天文台までファックス・郵送・メールのいずれかでお申込みください。過去に本講座を受講されたことのある方は、お申込みをご遠慮ください。

  • 締切り:2月24日(月曜日)必着 ※締め切り日は厳守してください。
  • 定員:8名
  • 参加費:無料

問い合わせ先

〒096-0066
北海道名寄市字日進157番地1 なよろ市立天文台
Tel 01654-2-3956
Fax 01654-2-0267
E-mail planetarian(at)nayoro-star.jp((at)を@に置き換えてください)