屈折式望遠鏡について
屈折式望遠鏡は、対物側にレンズがあるタイプで、拡大レンズを通して
見ると像が反対になって見られます。また、対物が1枚のレンズより2枚
のレンズの方が、見える像に虹色の付方少なく、より鮮明に見られます。