12月15日〜16日地球に接近する特異小惑星が見られます
特異小惑星「1998WT24」

12月15日・16日の午後8時〜9時小惑星のライブが見られます
下をクリックして下さい
 
   ライブ中継  2日間とも残念ながら天候回復せず
             中止となりました。


インターネットライブ協力 名寄大繁盛ページ



16日・午後30分現在の、天文台前の画像





15日・16日の一時間の動き(コンピューターによる計算位置)


(アストロアーツ・ステラナビゲーター for Windows95 にて作成) 

特異小惑星「1998WT24」
小惑星は火星と木星の間を回っているものが多いのですが、今回のような
地球の近くまで接近する小惑星を「特異小惑星」と読んでいます。
*小惑星には発見した年により番号が付けられています。
1998WT24は、12月15日〜16日にかけて地球に最も接近し、約200万キロまで
接近いたします。小惑星の直径は約2キロほどしかないのですが、今回のよ
うな接近時には9等星位にまで明るくなるため、やや大きな望遠鏡を使うと
見ることができます。

観望会を開催いたします
開催日 2001年12月15日(土)・16日(日) 午後8時〜9時まで
場所 木原天文台
天候不良時 雪・曇天時はビデオ上映を行います。
参考 小惑星の光度は計算値なので、予想より暗くなると、見ら
れないこともあります。