2003年2月初めニ−トすい星が肉眼で見られる?!

◆ニートすい星写真集 ←ここクリックして下さい ( 2/5日更新 ) 



観望会は天候不良でしたが開催致しました。

観望会風景
天斗夢視会員の協力者、栗原さん(上)・藤野さん(下)






開催日時 2003年2月6日(木) 午後6時〜午後7まで
場   所 なよろサンピラーユースホステル *場 所
内   容 光害の少ない場所で、美しい姿のすい星を見られる
予定です、またこの日は細い月も同時に見られます。
2月6日・観望会当日の見え方 時間午後6時30分
アストロアーツ・ステラナビゲーター 6 にて作成) 
(注意)尾の長さは、あくまでもイメージとして作成したものです。


ジェット推進研究所のニート・チームは11月6日に、パロマー山の口径1.2メートル
の写真捜索用望遠鏡で、新しい彗星を発見し「ニートすい星(C/2002 V1 NEAT)彗星」と
名付けられました。
 この彗星は、2003年1月末から2月初めまで西の夕空低い位置で、肉眼で見える可能
性がありそうです。
(アストロアーツ・ステラナビゲーター 6 にて作成)
名寄市から見える、2002年12月15日から、10日毎の動き (時間は午後6時ころ)
(注意)尾の長さは、あくまでもイメージとして作成したものです。