2009年7月22日(水)の部分日食観望会

2009年7月22日、日本では実に46年ぶりとなる皆既日食が、奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、
種子島南部などで見られます。

皆既日食とは?
太陽・月・地球が一直線に並んだときに、月が太陽とピッタリ重なる時に皆既日食が起きます。
但し、月は地球の周りを回っていますが(約一ヶ月)いつも地球からの距離が一定ではありません
月が地球に近いときに太陽と重なると、見かけの月が太陽より大きいので太陽をスッポリと隠して
しまう皆既日食となり、その逆に月が地球から遠い場合に太陽と重なると、見かけの月は太陽より
小さいため太陽の外側がドーナツのようなリングに見られる金環日食があります。
1943年、名寄で見られた皆既日食
1948年、礼文島金環日食


名寄市では部分日食として見られます!
7月22日、残念ながら名寄市では皆既食は見られませんが、部分日食として見ることができます。
欠け率は半分に満たない程度ですが、肉眼でもハッキリと見ることができ、2006年3月19日以来
3年4ヶ月ぶりの部分日食となります。
 次回名寄で見られる部分日食は2011年6月2日で午前4時26分〜午前5時17分、東の低空で
10%程度の小さな欠け率として見られます(せんべいの端っこを囓った程度です!)。

名寄市で見える部分日食のアニメーション
皆既日食の影が地球上を移動するアニメ−ション
名寄で見える部分日食の時間と観望会について
. 名寄市での時刻 木原天文台の観望会
欠け始め 10時08分14秒 午前9時30分〜午前12時15分
最大 11時11分12秒 名寄からインターネットライブ中継  
全国版・日食中継
気象庁衛星画像
終了 12時13分59秒 *天候不良時は中止となります

今回日食が見える範囲