平成15年度  天体観望会 in 大雪  ( 国立大雪青年の家主催行事 )




    大会の画像




*木原天文台の望遠鏡機材も持っていきます

PRポスター

国立大雪青年の家HPへ・申込はこちら  ←*申込は国立大雪青年の家です。


以下、要項です。


         平成15年度  天体観望会 in 大雪
 
1 趣  旨   星空の観察・観賞等を通して、青少年に自然や宇宙の神秘に対する
        畏敬の念や感動及び科学的なものの見方、考え方の向上に資する機会
        とするとともに、参加者相互の交流を深める場とする。
 
2 主  催  国立大雪青年の家
         
3 共  催  北海道星見人の会
 
4 後  援  国立天文台、北海道教育委員会、上川管内教育委員会連合会
 
5 期  日  平成15年9月6日(土)〜7日(日)
 
6 会  場  国立大雪青年の家
 
7 参加対象  中学生〜一般(小学生以下のお子様は、保護者同伴でご参加ください。)
 
8 内  容  
 
 9月6日(土)
 
   (1)太陽観望会 「生命の源・太陽を知る」
            ※ 開会式前からフリーの観望会を行います。雨天の場合も
             観測テープによる観察・観賞を行います。
 
   (2)特別講演 「最新天文学と火星」 国立天文台長 海部宣男氏
 
   (3)天文講座 「今日の星空解説」「火星大接近!」「皆既日食の報告」
      PART1
   
   (4)天体観望会 「大雪から惑星(火星を主体として)を見る」 
            小〜中型の天体望遠鏡による観察・観賞
            火星をスクリーンに拡大投影も
 
   (5)天文講座  @高感度ビデオカメラによる天体映像
      PART2  A超新星発見の裏話
             B小惑星発見にはドラマが・・ etc
 
 9月7日(日)
 
   (6)太陽観望会 (国立天文台)
 
   (7)講   演 「母なる太陽と太陽系」国立天文台広報普及室長 縣 秀彦氏
   
※ 天候が悪く星が見えない場合でも、ステラナビゲーターによる星空解説、高感度ビ
 デオカメラによる天体映像や天文講座など盛りだくさんのメニューがありますので、
 天候を心配せずにおいで下さい。
 
9 日程・プログラム
 
  (1日目)
  14:30       16:00          17:30 19:00       20:00      21:00




(土)

 





 
太陽観望会



 

 



 
特別講演「最新天文と火星」国立天文台長 海部宣男氏

 





 
天文講座PART1
「今日の星空解説」「火星大接近!」
「皆既日食の話」

 
天体観望会
(火星を
 主体として)

 
天文講座PAR2
「超新星発見の裏話」
「小惑星発見にはドラマが・・」
 
市民開放講座  市民開放講座       市民開放講座
 
 (2日目) 
  7:30  9:00      10:00        11:30




(日)
 
朝  
 食
 

太陽観望会
(国立天文台)

 
講       演
「母なる太陽と太陽系」
国立天文台広報普及室長 縣 秀彦氏

 





 
     市民開放講座