施設案内

トップページへ
もどる

スタッフ紹介

名誉台長挨拶

山田義弘名誉台長

山田 義弘

 名誉台長の山田義弘です。なよろ市立天文台(愛称:きたすばる)は、私設木原天文台、そして名寄市立木原天文台が前身となり開設されました。その前身の天文台において、名寄市域はもちろんのこと北海道で多くの天文ファンを育て、国内外に天文情報の発信をしてきました。そして、たくさんの人たちの熱意により、新たに“なよろ市立天文台・きたすばる”として生まれ変わったわけです。
  私は、これまで多数の天文台計画と運営に関わってまいりました。その経験から申し上げますと、この“きたすばる”は、市民が住んでいる居住圏、主要な鉄道の駅、高速道路からのアクセスが容易で、なおかつ光害の影響もあまり受けないという、星空を見て楽しむのに稀有な立地条件を満たしております。
 星と親しみ学ぶ場所が生活の一部となるような天文台“きたすばる”は、星に関心のある人だけでなく、多くの人たちに感動してもらえるものと思います。“きたすばる”は、今までにない天文台を目指しています。「星と音楽」をテーマにした施設の充実やイベント、ライブの開催もそのひとつです。道北に輝く“きたすばる”へのご来館を心よりお待ちしております。

台 長

村上恭彦台長

村上 恭彦

 名寄市は国内でもトップクラスの星空体験ができる良好な観測条件にあります。なよろ市立天文台「きたすばる」は、名寄らしく北にあって冬をイメージできる「すばる(プレアデス星団)」、ハワイにある「すばる望遠鏡」にあやかって、北のすばるとして親しみ覚え易い愛称が付いています。
 しかし、この天文台はいきなりできたわけではありません。戦前から太陽観測などを行っていた名寄高校教師・木原秀雄氏が退職金を投じて建設した「私立木原天文台」が礎となっています。数十年来の名寄の天体観測の歴史の上に、きたすばるは成り立っているのです。
 また、きたすばるは他に類のない「星と音楽」をキャッチフレーズとしており、デジタル式プラネタリウムでは星空コンサートなど心の癒し空間としても利用。また、レクチャールームでは星空映像と合わせたコンサートや、市内支援団体「きたすばるどっとこむ」の方たちによるインターネットTV放送が行われており(毎週水曜日午後6時放送)、独自のシステムによるインターネット中継も実施しています。
 光害の少ないこの地だからこそ、晴れ渡った夜空で美しい天の川や流れ星が見られ、都会ではできない体験をすることができます。そして10mドーム観測室には、北海道大学が設置した、口径1.6mの大型望遠鏡(愛称:ピリカ)があり、惑星の研究分野としては世界最大級の設備が備わっていて、一般の方にも開放しています。
名寄はまさに「宇宙 (そら)の窓」が開いている場所、多くの方のご来館をお待ちしております。

職 員

渡辺文健

渡辺 文健

 子どもの頃より星に興味をもち、札幌で会社員をしながらの天文普及活動を経て名寄へ。釧路出身、みずがめ座。好きな星はアルビレオ。
 普段見ることの出来ない素晴らしい星空を見になよろ市立天文台へぜひお越しくだい。

内藤博之

内藤 博之

 福岡県生まれ。博士(理学)。専門は新星や超新星など爆発する天体。西はりま天文台研究員、名古屋大学理学研究科特任助教などを経て現職。
 学生時代、夏休みには南阿蘇ルナ天文台(熊本県)やみさと天文台(和歌山県)に住み込み星空案内を 楽しんでいました。
 就職後は、西はりま天文台(兵庫県)やアジアゴ天文台(イタリア)で天体観測の 修行を積み、マウントジョン天文台(ニュージーランド)では系外惑星探査観測を経験しました。
なよろ市立天文台はカラマツの森に囲まれ、まるでアジアゴ天文台の雰囲気です。北海道大学1.6mピリカ 望遠鏡をはじめ、国内屈指の観測環境が整っています。私にとっては理想的な天文台です。そんな天文台で 新しい方々と新しい星々に出会えることを楽しみに、市民の方と一緒に新しい天体を発見したいと思って います。世界中の多くの方に名寄の星空を満喫してもらいたいです。

加藤裕子

加藤 裕子

 名寄出身。高校卒業後、東京でも夜空に北斗七星やカシオペア座・オリオン座を見つけては星空を見上げていました。
 肉眼では見られない、月面・土星の環・木星のガリレオ衛星・銀河等…望遠鏡で見る感動は底知れず!
きたすばるは、星と音楽を皆さまと楽しめる場所です。ぜひ名寄の星空を体験していただきたいと思います。

永吉竜馬

永吉 竜馬

 天文台スタッフの中で最南端の鹿児島県出身です。さそり座。
実家の庭から「M-Ⅴロケット」が打ち上がる姿が見える場所で育ち、気がつけば星空を眺める時間が増えていました。
 晴れ渡った夜、名寄の星空は本当に美しいです。そんな名寄の星空と音楽を是非満喫しに来てください!お待ちしています。