施設案内

トップページへ
もどる

開館情報

開館日・開館時間

開館日

毎週火曜日から日曜日・祝日

開館時間

区分期間開館時間
夏期4月から10月13時00分から21時30分
冬期11月から翌年3月13時00分から20時00分

※ 閉館30分前までに入館してください。
※ ピリカ望遠鏡の公開スケジュールはあらかじめ決まっています。こちらのページでご確認ください。
名寄市所有の望遠鏡は開館中であればいつでも見ることができます。(晴れた日中では1等星など明るい星を見ることができます。)

休館日

毎週月曜日(祝日を除く)・祝日の翌日(日曜日および土曜日を除く)・年末年始(12月30日から1月6日)

開館・休館カレンダー

  

観覧料

区分個人団体 ※1年間パスポート ※2
一般410円300円1,230円
学生 ※3300円200円1,020円
65歳以上 ※3200円610円 ※4
高校生以下無料
障がい者
(介助者を含む)※3

※1 団体でのご利用は10名以上となります。
※2 年間パスポートの有効期間は発行日から1年間です。
※3 証明できるものを受付にてご提示ください。
※4 65歳以上の年間パスポートは、有効期間内に65歳になる方も対象です。

使用料

施設を利用する場合は、事前に以下の「施設設備利用申請書」を提出してください。

屋内設備

区分収容人数など単位金額
レクチャールーム:Aタイプ約100人収容 1時間411円
レクチャールーム:Bタイプ約50人収容1時間206円
プラネタリウム占有利用約50人収容30分206円
研究室一室一晩2,571円

望遠鏡

準備中

※ 合計額を算出する際に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとします。
※ 申請書はご利用日の原則3日前までに提出をお願いします。

観覧料・使用料の減免

以下のそれぞれの減免基準にあてはまる場合には、観覧料・使用料の減免を受けることができます。

※ 減免を受ける場合は、事前に以下の「なよろ市立天文台観覧料・使用料減免申請書」を提出してください。
※ 申請書の提出がない場合は、通常の料金となります。


観覧料の減免基準

    1. 市または教育委員会が主催または共催する事業で利用する場合(免除)
    2. 学校教育関係団体、社会教育関係団体・社会福祉関係団体、その他行政の補完的な役割を果たしている公益的な団体が、その目的のために利用する場合(5割減額)
    3. 学校教育活動で利用する場合(免除)
    4. その他、市長が特に必要と認めた場合(5割減額・免除)

※ 5割減額の場合、区分にかかわらず「一般・個人」区分の5割の額となります。他の区分での減免はありません。免除は減免対象のすべての区分が免除となります。

使用料の減免基準

    1. 市または教育委員会が主催または共催する事業で利用する場合(免除)
    2. 学校教育関係団体、社会教育関係団体・社会福祉関係団体、その他行政の補完的な役割を果たしている公益的な団体が、その目的のために利用する場合(5割減額)
    3. 学校教育活動で利用する場合(免除)
    4. 半数以上が障がいを有する者で構成する団体(免除)
    5. 半数以上が65歳以上の者で構成する団体(5割減額)
    6. その他、市長が特に必要と認めた場合(5割減額・免除)

移動天文台車「ポラリス2号」

移動天文台車「ポラリス2号」が各地へ参ります。望遠鏡で星を見てみませんか?

派遣範囲

 名寄市内及び定住自立圏形成市町村(士別市、和寒町、剣淵町、下川町、美深町、音威子府村、中川町、幌加内町、西興部村、枝幸町、浜頓別町、中頓別町)

利用料

燃料代 1㎞あたり 30円

※ 利用を申し込む場合、3か月前から1か月前までに以下の「移動式天文台車ポラリス2号利用申請書」を提出してください。

減免

以下に当てはまる場合には、ポラリス2号利用料の減免を受けることができます。

    1. 市内の団体が市内で利用する場合。
    2. 市内の学校教育活動で利用する場合。
    3. 市内の社会教育活動で利用する場合。

※ 減免を受ける場合は、以下の「移動式天文台車ポラリス2利用料減免申請書」を提出してください。