天文

トップページへ
もどる

星空について

“M45

Photo:「M45 プレアデス星団(和名:すばる)」

まるで星が降ってくるようです。

名寄市は国内でもトップクラスの星空環境です。天文台は市街地に近いにもかかわらず、ひかりがいがとても少ないことが特徴です。

屋外観測室の主力望遠鏡の「50cm反射望遠鏡」では、昼間の晴天時は1等星などの明るい星をご覧頂けます。しかし、名寄の空が最も素晴らしいのは夜です。夜空に見える星の数は、数えることを忘れ見入ってしまうほどです。 また、国内で常時一般公開を行っている望遠鏡のなかで、最大級の口径を誇る北海道大学所有の「1.6m反射望遠鏡(愛称:ピリカ望遠鏡)」を利用しての観望も行っています。(公開日時があらかじめ決まっています。「望遠鏡設備(施設案内)」のページで詳細をご確認ください。)